内痔核治療法研究会
HOME
一般の方へ
ALTA実施施設の紹介
市民公開セミナー情報
医療従事者の方へ
初代代表世話人ご挨拶
研究会会則
世話人一覧
研究会会員紹介
お知らせ
お知らせ
総会のご案内
四段階注射法講習会受講案内
会員向け情報
リンク
関連サイト
このサイトについて
お知らせ
総会のご案内
第15回 内痔核治療法研究会総会 演題募集のご案内

第15回 内痔核治療法研究会総会
当番世話人  加藤 典博





新型コロナウイルス感染の影響で延期となっていた第14回内痔核治療法研究会総会が2021年9月5日にWEB形式で開催されました。
今回の第15回は2022年7月10日(日)に従来の対面形式で開催することに致しますが、今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては開催形式が変更になる可能性があります。2022年3月末の状況で判断致しますので、ご了承のほどよろしくお願いします。
ALTAが発売されて17年が過ぎ、現在まで単独療法に加えて併用療法が行われてきております。ALTA単独・併用療法については、本研究会でもテーマとして数回取り上げられ、それぞれの長所・短所について検討されてきましたが、未だに「併用療法は本当に必要か?」「併用療法はどのような病変に行うべきか?」「現在、併用療法はどのように行われているのか?」などの疑問で思い悩むことがあると思います。今回はその疑問への答えを二つの主題に分けて探ることに致しました。

【主題】

Ⅰ:併用療法の必要性と適応

Ⅱ:併用療法の手術手技と工夫


【検討内容】

各施設で現在まで実施されてきたALTA療法の症例(病変)の成績を分析し、その結果に基づき主題Ⅰ、Ⅱについての答えを導き出していただきたい。
主題Ⅰでは、併用療法を再発率、合併症、術後疼痛などの面から単独療法と比較し、その必要性を再確認し、その上で併用療法の適応を形態的条件(内外痔核の大きさ、硬さ、連続性、脱出度、歯状線の状況、施設独自の分類など)から具体的に示していただきたい。
主題Ⅱでは、内痔核にALTAを注射し、外痔核になんらかの処置(切除、結紮、ACLなど)を追加する併用療法に絞り、「ALTA先行か・外切先行か」、「歯状線付近の支持組織の処理をどうするか」、「根治的、機能的な面から切除範囲をどうするか」などを中心に各施設のこだわりや工夫を述べ、その根拠を示していただきたい。
なお、各主題の議論を同じ条件下で進めるために、可能な限り以下の2点についてのご配慮をお願いしたい。

① ALTA併用療法の術式の表記は「併用療法の名称記載に関する委員会(2019.12.15)」の検討結果に準ずる(別紙)。
② 再発率(無再発率)に関しては、再発の定義・対象群の定義・統計方法(ex.Kaplan-Meier 法)を明記する。

以上、前述の主題に沿った演題を公募し、それぞれでパネルディスカッションを行いますので、奮っての応募と総会への参加をお願い致します。


2021年12月


日 時 2022年7月10日(日) 9:30~15:00(予定)
会 場 ソラシティカンファレンスセンター
(東京都千代田区神田駿河台 4-6)
当番世話人 加藤 典博(ふるだて加藤肛門外科クリニック)
参加費 4,000円
共 催 内痔核治療法研究会、ジェイドルフ製薬株式会社
事 務 局 ジェイドルフ製薬株式会社
営業本部内
TEL:06-7507-2192
alta.zione@j-dolph.co.jp

第15回総会 演題募集要項(540.28KB)
内痔核治療法研究会