内痔核治療法研究会
HOME
一般の方へ
ALTA実施施設の紹介
市民公開セミナー情報
医療従事者の方へ
代表世話人ご挨拶
研究会会則
世話人一覧
研究会会員紹介
お知らせ
お知らせ
総会のご案内
四段階注射法講習会受講案内
会員向け情報
リンク
関連サイト
このサイトについて
お知らせ
総会のご案内
第11回 内痔核治療法研究会総会 演題募集のご案内

第11回 内痔核治療法研究会総会
当番世話人  日高 久光




 本研究会も早いもので第11回を迎えることになりました。この間ALTA療法に関する多くの臨床経験や研究が報告され、その多くのデータをもとに2014年には本研究会から医師用ALTA療法ガイドラインが発行されるに至りました。ガイドラインに沿った正しいALTA療法の適応や手技、術後管理の確立により、安全性と治療成績はさらに向上し、今や結紮切除術とともに痔核治療の主たる治療法となりました。
 一方、ALTAが全国に普及した現在、いくつかの課題と展望が見えてきたのも現実であります。
 ひとつは術後経過とともに出現する再発例に対する治療法であります。結紮切除術に比べ再発率は高く、5~15%と報告されています。再発痔核の病態や患者の愁訴もさまざまであり、患者一人ひとりに最適な術式をどのように選択し何に注意して行うか、その基本とコツを会員で共有することが必要と考えます。
 もう一つの課題はALTA療法の適応を拡大し、根治性を高める目的でおこなう、いわゆる併用療法の術式であります。すでに多くの施設で施行されていますが、適応や手技は施設や術者でさまざまに行われているのが現状です。どのような併用療法がエビデンスをもって単独療法より優れているのかを検討し、併用療法の適応と術式を確立させ、近い将来ガイドラインに掲載できることを目標にしたいと考えます。
 そこで第11回を下記のテーマで開催致したいと思いますので、皆様ふるってご応募をお願い申し上げます。


― 記 ―

テーマ『 ALTA療法の新たな展開に向けて 』

○ALTA再発時の術式選択、その治療法のコツと成績

○ALTA併用療法の適応と術式選択


日 時 2017年7月9日(日) 9:30~15:00(予定)
会 場 ソラシティ カンファレンスセンター(東京 お茶の水)
当番世話人 日高久光(日高大腸肛門クリニック)
参加費 3,000円
共 催 内痔核治療法研究会、田辺三菱製薬株式会社
事 務 局 田辺三菱製薬株式会社 製品情報部ジオングループ内
TEL 06-6227-4820
mtpc.zione@cc.mt-pharma.co.jp

第11回総会 演題募集要項(79524byte)
内痔核治療法研究会