内痔核治療法研究会
HOME
一般の方へ
ALTA実施施設の紹介
市民公開セミナー情報
医療従事者の方へ
初代代表世話人ご挨拶
研究会会則
世話人一覧
研究会会員紹介
お知らせ
お知らせ
総会のご案内
四段階注射法講習会受講案内
会員向け情報
リンク
関連サイト
このサイトについて
お知らせ
総会のご案内
第9回 内痔核治療法研究会総会 演題募集のご案内

第9回 内痔核治療法研究会総会
当番世話人  髙村 寿雄





 第9回内痔核治療法研究会総会を2015(平成27)年3月15日(日)ホテルグランドパレスにて開催いたします。
 さて平成26年秋には肛門疾患診療ガイドラインが、またALTA療法ガイドラインがそれぞれ公開となります。肛門疾患も今後はガイドラインに沿った治療になっていくものと考えられます。内痔核の治療法は結紮切除術をはじめ、ゴム輪結紮術・PPH・古典的治療(分離結紮術)など多岐に渡り、結紮切除術自体も医家により様々な工夫(変法)がなされています。それらを実施している先生方にはそれぞれの持論があり、現在のところ決して治療法の厳密な合意はできていません。しかし上記のいずれもがALTA療法との併用は可能と考えます。2005(平成17)年に登場したALTA療法は満10年でまだまだ歴史の浅い治療法ですが、標準的な注射方法は当初より確立されており、ガイドラインの公開もあり、日本国内で肛門外科を標榜する医師にとってはほぼ不可欠な治療法となりました。しかし残念ながら国際的には極めてローカルな治療法に過ぎません。
 今回の研究会はこれまでの10年の経験をもとに、さらにガイドラインをふまえて、ALTA療法のわかりやすい適応の選別・適応の拡大・適切な手技(併用療法を含め)の確立を目指し、これらをもとにALTA療法を国際的に認知させ、全世界の痔核患者さんに恩恵を与えるという医療人としての役目が我々にはあると思っています。何としてもこれからの10年で世界に広めるべきと考えています。そこで、今回のテーマは「これからのALTA治療 過去10年を振り返って~自分が理想とする痔核治療とは~」としました。10年を振り返って当研究会代表世話人の岩垂純一先生に特別講演をお願いしております。
 この研究会会員の先生方においては、ALTA療法の経験が数例の初心者から1,000例以上の達人までさまざまですが、ALTA療法以外の痔核治療の経験もふまえ、ALTA療法施行時の投与の注意点・手技の工夫・合併症とその対応・術後管理の工夫などあますところなくopenにしていただき、各先生方が共有することで、これからの理想とする痔核治療を論じて頂き、スキルアップに寄与できる研究会にしたいと考えております。そして世界に広げましょう!先生方には奮っての演題のご応募を期待しております。2015年1月末に採否の連絡をさせていただきます。

日 時 2015年3月15日(日) 9:30~15:00 (予定)
会 場 ホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋1-1-1)
当番世話人 髙村 寿雄(東神戸病院 大腸肛門科)
参加費 3,000円
共 催 内痔核治療法研究会、田辺三菱製薬株式会社
事 務 局 〒541-8505 大阪市中央区北浜2-6-18 淀屋橋スクエア
田辺三菱製薬株式会社 マチュアプロダクト部ジオン育成グループ内
第9 回内痔核治療法研究会総会 事務局
担当:藤岡 TEL 06-6227-4820  FAX 06-6233-2763
担当:小野 TEL 03-6748-7626  FAX 03-3663-6237

第9回総会 演題募集要項(77184byte)
内痔核治療法研究会